チャチャブーの元ネタ、チブチャ族とは




チャチャブーに元ネタがあったみたいです

高度な文明をもっていたチブチャ族とは?

優れた政治システムをもっていたチブチャ族が滅んだ理由とは?

 

02

 

 

チブチャ族は、先スペイン期の中央アメリカやコロンビア,エクアドル一帯に広く住んでいた諸族

でインカやマヤ文明にも劣らぬ高度な文化を持っていました

(現在もこの地域には点々とチブチャ語系の少数孤立集団が残っているらしいです)

 

 

チブチャ族は当時の北アンデス地方最大の部族で

当時のチブチャ族の人口は30万人以上だったそうです(推測)

この規模の統一国家は,中央アメリカと中央アンデス地帯を除くと新大陸内では最大のもので

チブチャの文化は中央アメリカとアンデスの両方から影響を受けていたんだって

 

 

チブチャは工芸が発達していて

特に金の細工においては非常に高度な技術をもっていたらしく

さまざまな金細工を作っていたんだって

 

スペイン人が必死になって探した

エル・ドラド伝説(南米大陸のどこかにあるとされる黄金郷)は

チブチャ族が神々への供え物として金製品を湖に沈めていた風習が発端とか

 

 

チブチャ首長国が滅んだ理由は、上に書いたことが理由で

16世紀のインカ帝国征服の直後にマグダレナ川をさかのぼって黄金郷を求めたヒメネス・デ・ケサダ率いるスペイン人によって滅ぼされました

 

 

チャチャブーも高度な文明を持っていて、

貴重な素材を求めたハンターに毎日侵略されています

ちょっと可愛そうですね(笑)

 

 

 


スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ